ノスフェラトゥ

1922年ドイツ表現主義のサイレント映画「吸血鬼ノスフェラトゥ」のリメーク作品。

怪優クラウス・キンスキー演じるノスフェラトゥの強烈なインパクトと、

まるで妖精を連想するように美しい当時まだ20代のイザベル・アジャーニが印象的。

ハリウッド製の派手なドラキュラ映画とは異なる如何にもヨーロピアンで耽美的な吸血鬼映画。

1979年 ヴェルナー・ヘルツォーク監督作品


キャンバスにアクリル絵の具

b0360199_22172194.jpg



[PR]
by kaz-onda | 2018-02-20 00:00 | 映画・音楽

小顔の女の子 <part6>

憧れの小顔にもホドがある!? もしもこんな女性がカフェでお茶していたらチラ見するよね?(そうかな

ふざけたアイデアと新しいポートレートスタイルが気に入っているので続編があるかも・・・(ふ〜ん)


モデルのイメージは昨年2017年に89年の生涯を閉じたフランスの女優エマニュエル・リヴァさん。

2012年の映画「愛、アムール」では老々介護という重いテーマを撮影当時85歳の彼女が熱演しています。

晩年の姿もチャーミングだったエマニュエル・リヴァさんに哀悼の意をこめて。


キャンバスにアクリル絵の具
b0360199_22595485.jpeg

[PR]
by kaz-onda | 2018-02-10 00:00 | 空想画

博士の異常な愛情

常軌を逸したアメリカ軍人の命令によってソ連に核爆弾が投下されてしまう不条理なブラックコメディー。

1960年代の米ソ冷戦の最中によくこういう映画が製作、公開できたと思う。

様々なジャンルで革新的な芸術が盛んに生まれた時代。表現に対して受け手も寛容だったのかも知れません。

1964年、スタンリー・キューブリック監督作品。


b0360199_23274615.jpg

[PR]
by kaz-onda | 2018-02-01 00:00 | 映画・音楽

独断と偏見、あるいは個人的趣味の世界だけを描くオジさんの作品集。