エレファント・マン

19世紀のイギリス。

身体の極端な拡張による奇形でエレファントマンと呼ばれた青年ジョン・メリックと、

外科医フレデリック・トリーブスとの親交を描いた作品。

そしてジョン・メリックさげすむ普通の容姿をした人間達の残酷さも生々しい。

イレイザーヘッドから2作目に当たる1980年制作のモノクロ映画。

すでにデヴィッド・リンチ監督の幻想的な映像センスの片りんが観てとれます。



<キャンバスにアクリル絵の具>
b0360199_23314874.jpg


# by kaz-onda | 2019-02-20 00:00 | 映画・音楽

映画の風景

映画「ヴェラの祈り」で舞台となった田舎にある家の風景。

ロシア社会の背景にひそむ家族や夫婦の闇が描かれ、およそ楽しい話しではないが、

アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の作品はやたらと映像が美しい。

本作品はアメリカの画家アンドリュー・ワイエスの作品に着装を得たという...。

思わず絵に描きたくなるような美しいシーンにたくさん出会えます。

2007年のロシア映画


<キャンバスにアクリル絵の具>

b0360199_21065362.jpg


# by kaz-onda | 2019-02-15 00:00 | 映画・音楽

老婦人と愛犬

墓地へと向かう老婦人とその愛犬。 なにか意味あり気でちょっと怖い感じ



b0360199_22375042.jpeg










# by kaz-onda | 2019-02-01 00:00 | 空想画

牛乳を飲む女

器に入りきらなかった牛乳は飲んじゃおう。 沢山あるパンも一ついただいちゃおう

肩も胸板も立派な体格をした召使いの女性。 きっと働き者だったのだろうなぁ~。


本家フェルメールさんが17世紀に描いた牛乳を注いでいる彼女は2月3日まで東京上野にいるらしい ^^


<キャンバスにアクリル絵の具>

b0360199_22591886.jpg



# by kaz-onda | 2019-01-15 00:00 | 空想画

天空の音楽家たち

クラシック、ジャズ、ロック、ポップス、現代音楽・・・

今は亡き音楽家たち、演奏家たちへのオマージュ。 それにしても足ながっ!


当ブログをご覧いただいている皆さまへ。本年も素晴らしい年になりますように。Peace !


b0360199_02403590.jpg



# by kaz-onda | 2019-01-01 12:00 | 空想画

天敵

自然界において食物連鎖の下位にあるカエルは天敵だらけの生き物。

多くの小動物から魚類や鳥類にまで捕食されてしまうフビンな生き物の代表格。

人が食用にする諸外国も多く、おふらんすではグルヌイユなんて呼ぶらしい...。

とり肉のように淡白でおいしいんだって。聖なるクリスマスにグルヌイユはいかが?


<キャンバスにアクリル絵の具>

b0360199_04134489.jpg

# by kaz-onda | 2018-12-23 00:00 | 空想画

ネコと女の子

夕方よく散歩に出かける。道端のネコと目が会う。公園で遊んでいた女の子。

冬至前の今頃はあっという間に日も暮れて、帰り道の空にはキレイなお月さま...。

そんな散歩をイメージした作品。ネコはダッフルコート着てなかったけどね ^^


<キャンバスにアクリル絵の具>

b0360199_23200167.jpg



# by kaz-onda | 2018-12-10 00:00 | 空想画

オトコとロボット

ロボットにAI・・・その昔 マンガやSF小説の中だけのことだったけど、今や現実になりつつありますよね。

近い将来人間の助けをしたり、一方で人間の仕事を脅かす存在になるのでしょうか...。


キャンバスにアクリル絵の具
b0360199_23315015.jpg


# by kaz-onda | 2018-12-01 00:00 | 空想画

落ち葉の風景

東京のイチョウも黄葉が観測されたらしい。 しばらく黄色の世界が楽しめそう。


<キャンバスにアクリル絵の具>

b0360199_23372359.jpg



































# by kaz-onda | 2018-11-20 00:00 | 空想画

翼のある人

俯瞰すれば出口が見えるかも知れない・・・


<ボード+モデリングペースト+ジェッソにアクリル絵の具>

b0360199_23072180.jpg










































# by kaz-onda | 2018-11-10 00:00 | 空想画

独断と偏見、あるいは個人的趣味の世界だけを描くオジさんの作品集。