人気ブログランキング |

フィンセント・ファン・ゴッホの「アルルの寝室」は他にもバージョン違いが3点あるらしい。

それぞれタイトルも「ファンゴッホの寝室」とか色々と表記されています。

現在 国立近代美術館で開催中の「松方コレクション展」ではそのうち一点が展示されている様子。

もう間もなく終了かな・・・実はオジさん観ていません ^^:


素朴なタッチで描かれた青い室内はドールハウスを覗いているような可愛らしい作品。

せっかく存在感たっぷりのベッドがあるのだからゴッホさんには寝てもらいました。

おやすみ、フィンセント


<キャンバスにアクリル絵の具>

b0360199_23060381.jpg




# by kaz-onda | 2019-09-10 00:00 | 空想画

1964年、パリ。すでに芸術家として成功していたジャコメッティの展覧会場で、

アメリカ人の作家ロードはジャコメッティから肖像画のモデルを依頼される。

1~2日で完成するからと。 ロードは名誉と好奇心で快諾するが、

一週間が過ぎ二週間が過ぎても、肖像画は完成する気配もない。

アメリカへの帰国を予定していたロードは、日を追うごとにストレスが増して行く・・・

ジャコメッティと妻のアネット、弟で助手もするディエゴの3人が暮らす古く汚れた住宅兼アトリエには、

ときどき娼婦で絵のモデルにもなる愛人が訪れては奇妙な人間模様が描かれる。


偏屈で自己中心的なジャコメッティ。もし自分の身近いたら相当面倒なオッさんだけど、

ジェフリー・ラッシュが演じると何となく憎めないキャラクターで容姿もよく似ています。

ロードを演じるアーミー・ハマーはエレガントでハンサム。とってもカッコイイ!

思いがけない結末はまるでコメディー映画。90分の短い上映時間と音楽のセンスも良い感じ。

スタンリー・トゥッチ監督 2017年の映画


オジさんは個人的にジャコメッティの細長い彫刻作品はユニークだと思うけど、

絵画などの平面作品は実のところあまり魅力を感じないんですよ。

あなたは本当に天才なのか?・・・このコピーがとっても刺さるんですよね ^^


しばらく夏休み。 毎日暑いしね。思い出したら又見て下さい。 みなさん 良い夏休みを!

b0360199_23041472.jpg











# by kaz-onda | 2019-08-15 00:00 | 映画・音楽

東京都美術館「クリムト展・ウィーンと日本1900」は連日大盛況で閉幕した様子。

現在は豊田市美術館で開催中ですね。やはり混んでるのかなぁ

オジさんも少し遅くまで入館できる金曜の夜、オマケに雨の日を狙って出かけたけどアマかった。

しっかり混んでいました。 みんな同じこと考えるよね ^^ 恐るべし グスタフさま!


今回来日した「へレーネ・クリムトの肖像」は会場に入るとすぐ視界に入ってきました。

モデルのへレーネはクリムトの弟エルンストの娘。クリムトにとって姪っ子ですね。

仕事のパートナーでもあったエルンストはへレーネが生まれた翌年に若くして急逝。

クリムトは残された母子を預かり、へレーネの法律上の後見人になったそうです。

この肖像画には そんな二人の悲しみも含まれているのかも知れません。


ベージュの背景に、かなりラフに描かれた白いドレス姿のへレーネが6歳頃の肖像。

直線と曲線がモダンなショートボブスタイルのへレーネはとても大人っぽく見えますよね...。

仕事で描く絵とは雰囲気の違う、パーソナルな想いを感じるとても好きな作品です。

グスタフおじさんとへレーネ・・・アトリエで二人 何のお話し していたのだろう


キャンバスにアクリル絵の具

b0360199_21500552.jpg















# by kaz-onda | 2019-08-01 00:00 | 空想画

キリストの花嫁

2017年の映画「クローズド・ガーデン」からのイメージ作品。

1962年から65年頃、カトリックはより多くの人々に受け入れられる教会を目指し、

「第二バチカン公会議」なるものを召集し、大きな改革が行われた時代の物語。

半年間の志願期に厳しい苦行を強いられるシスターを志す少女たちの心の葛藤と欲望。

一方、厳格な教えの中で長年生きてきた修道院長の困惑と怒りそして喪失感。

映画によれば、後に9万人ものシスター達が信仰を捨てたとも言われるほど、

カトリック教会における大きな事件だったらしい。。。

宣伝の文言を見ると一部のシーンを誇張して「閉ざされた禁断の園」とか、

「キリストの花嫁たちの欲望が目覚める」とか、

何気にエロティックな内容を連想させるけど、至ってマジメな映画ですよ^^


<キャンバスにアクリル絵の具>

b0360199_22452066.jpg



# by kaz-onda | 2019-07-15 00:00 | 空想画

カタツムリ

一年も折り返し。早くも半年過ぎてしまった。

この時期のオジさんはたいてい中だるみ状態。

ゴハンを食べるとすぐ眠くなるし人生全般 ヤル気出ないし

そんなオジさんの気分にも梅雨時にもぴったりなカタツムリを描いてみた。

みなさん、調子はいかが?。。。


キャンバスにアクリル絵の具

b0360199_22294452.jpg



# by kaz-onda | 2019-07-01 00:00 | 空想画

天気の良い休日は、にんじんの上で読書して過ごすのもステキだよね?

だけど ここでは時々困ったことも起きる。

後ろの方からオジさんを覗いている変な子はアゲハチョウの幼虫。

ところがオジさんは虫がちょっと苦手... いや、かなり苦手。

この時すでにこの子の存在に気付いてしまったオジさんは,

心臓がドキドキで、本の内容なんてまったくアタマに入っていない。

でもこの子はにんじんの葉っぱが好物だからここに居ても仕方がないよね

お願いだからオジさんのことに構わず、早く葉っぱのある上に行っておくれ!

ずっとそう思い続けているんだ。


<キャンバスにアクリル絵の具>

b0360199_22580011.jpg








# by kaz-onda | 2019-05-03 00:00 | 空想画

グスタフ・クリムト

<クリムト展 ウィーンと日本 1900> 今年注目の展覧会が始まります。

美術関連のテレビや雑誌その他、たくさんPR特集されることでしょう。

グスタフ様のファン多そうだし、そうとう混雑しそうですよね。


お馴染みのクリムト作品と、愛猫を抱く彼の写真を参考にして描いてみた。

実物よりハンサムかな? クリムトさんはとても猫好きだったらしい

装飾と色彩ゆたかな画家・・・アレもコレも描くと結構にぎやかな絵ですね ^^


b0360199_23003287.jpg

































# by kaz-onda | 2019-04-20 00:00 | 空想画

サリエリ

音楽家モーツァルトの短い生涯を描いた1984年の映画「アマデウス」 ミロス・フォアマン監督

物語はモーツァルトと同時代を生きたウィーンの宮廷楽長アントニオ・サリエリを語り部に回想される。

憧れや理想、憎悪や嫉妬、ざんげの念・・・

人間が他者に抱く複雑な感情を、サリエリのココロを通してドラマティックに描かれます。

以前にもアマデウスはモーツァルト(トム・ハルス)を描いて投稿したけど、

やはりこの映画はサリエリを描かずしては成立しないほど重要な存在。

サリエリ役を演じた俳優 F・マーリー・エイブラハムさんの素晴らしい演技も印象的でした。

血の滲んだ首の包帯と充血した目が雰囲気出てない ちょっと怖いかな


<キャンバスにアクリル絵の具>

b0360199_22572899.jpg

# by kaz-onda | 2019-04-10 00:00 | 映画・音楽

アメリカを代表する(国民的?)シンガーソングライター。

中学生の頃、初めて買った洋楽フォークのレコードは "MAD SLIDE SLIM"

アルバムに収録されているヒット曲「君の友だち」がとても好きでした。

その後、この曲のソングライティングはキャロル・キングだったことを知りました。

思春期のころ好きだった音楽や美術は、ほとんど変わらぬままオジさんになりました^^:

未だにマックスフィールド・パリッシュの画集もよく見るし...。


バタートーストを食べながらコーヒーを飲んでいる普通の幸せ。

そんな穏やかな日常の中に聴こえてくるような歌声なのです。


b0360199_22254654.jpg





# by kaz-onda | 2019-04-01 00:00 | 映画・音楽

フォルスタッフ

サー・ジョン・フォルスタッフは、シェイクスピアの歴史劇(ヘンリー4世など)に登場する架空の人物。

大酒飲みの巨体で女たらし、戦場からは こっそり逃げ出す臆病者で無頼漢な老騎士です。

しかし彼のウイットに富み、警句を弄する数々の言葉は人々の心をつかみ、

愛すべきキャラクターとして、脇役にもかかわらず、とても人気があったらしい。

検索すると大抵は 巨体のオッサンが酒を片手に酔っぱらった画像ばかり出てきます^^


この絵はオーソン・ウェルズ自身が監督、脚本、主演をこなした1965年のモノクロ映画。

題名も「オーソン・ウエルズのフォルスタッフ」オーソン・ウェルズの巨体がスゴイ迫力!

昔の映画だけど、DVDを観たのは つい最近。 オジさんのはマジメな肖像画ですね


<キャンバスにアクリル絵の具>

b0360199_23371710.jpg





# by kaz-onda | 2019-03-20 00:00 | 映画・音楽

独断と偏見で個人的な趣味の世界だけを描くオジさんの作品集。