リスボンに誘われて

スイスはベルンで平凡な日常を送る高校教師のライムント。ある日の通勤途中、橋から身を投げようとしている女を救います。

女が残していった赤いコートのポケットには、一冊の本と発車直前のリスボン行き夜行列車の切符が一枚。

ライムントはその一冊の本に導かれるように動き出した列車に跳び乗ってしまいます。

1970年代、独裁政権下にあったのポルトガルでレジスタンスとして活動した4人の若者の当時と現在を巡るリスボンへの旅が始まります。


主演はおじ様になってもステキなジェレミー・アイアンズ。

さらにシャーロット・ランプリング、ブルーノ・ガンツ、マルティナ・ケデック…と、全員が主演クラス級の豪華な俳優陣。

ロマンティックなラストシーンも最高 ^^: 近年観たもっとも好きな映画です。2013年、ピレ・アウグスト監督作品。


キャンバスにアクリル絵の具
b0360199_23253530.jpg

[PR]
by kaz-onda | 2017-09-10 00:00 | 映画・音楽 | Comments(0)

独断と偏見、あるいは個人的趣味の世界だけを描くオジさんの作品集。