シュバリエ・ド・バリバリー 

映画「バリーリンドン」より主人公のレドモンド・バリー(ライアン・オニール)が、

ベルリン時代に出会うギャンブラーにしてスパイの男、シュバリエ・ド・バリバリー(パトリック・マギー)

この役を演じたパトリック・マギー氏は「時計じかけのオレンジ」でもアレックス率いる不良たちが雨の夜に乱入して来て、

目の前で妻がレイプされてしまう老作家の役で出演しています。 キューブリック監督お気に入りの俳優さんかも知れません。

それはさて置き、このいかがわしい風貌と、舌をかみそうな役名がすこぶるオジさんの好み。


映画は18世紀のヨーロッパ。

農民に生まれた男の野望と立身出世、上流社会に登りつめるもやがて転落していく栄枯盛衰を描いた長編大作。

中学生のころ劇場で観た映画ですが、室内シーンをロウソクの明かりだけで撮影したことで当時話題になった美しい映像と、

3時間という長さに途中グッスリ眠った記憶があります ^^;  1975年、スタンリー・キューブリック監督作品。


キャンバスにアクリル絵の具

b0360199_00471536.jpg


[PR]
by kaz-onda | 2017-07-18 01:00 | 映画・音楽 | Comments(0)

独断と偏見、あるいは個人的趣味の世界だけを描くオジさんの作品集。